おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

改めて振り返ると、犯人は仕事多くて大変ですね「金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿」

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (週刊少年マガジンコミックス)

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

オペラ座館殺人事件、学園七不思議殺人事件など、代表的な事件を犯人視点で描かれた「金田一少年の事件簿」のスピンオフ。

金田一ってトリックが巧妙で殺人シーンも妙にリアルで凄惨なものが多くて、なかなかギャグっぽくできない雰囲気があるんだけど、見事なパロディーに仕上がっていました。ミステリーとして、普通に読んでいると見逃してしまうような、不自然(無理ゲー)なシーンが犯人視点で見ることで浮かび上がってくる。ミステリーって普通に読んでいると、巧妙ではあるものの特に違和感なく読めるけど、犯人の立場になるとムチャクチャなものって結構多いんじゃないかなって思ったり。チョイスされている事件もグッド。

そもそも、人を殺しておいてそれが一切、表情にでないとか、言われてみればむちゃくちゃ不自然だよなって気づきを発見したり。目線を変えるだけで、こんなに違った作品になるところが面白かった。続編もあるみたいなので楽しみ

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (週刊少年マガジンコミックス)

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 
やめろ金田一! みんなの前で俺のトリック暴かないでくれ…!! SNSで大反響! 金田一少年に謎を全て解かれた“犯人視点”スピンオフ! 第1巻は、オペラ座館殺人事件、学園七不思議殺人事件、蝋人形城殺人事件、秘宝島殺人事件、そして制作舞台裏を初めて明かす特別描き下ろし『外伝煩悩シアター』を収録!(引用元:Amazon商品紹介