読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

「クリエイターズ・ファイル」熱くて面倒くさいクリエイターたちの総合カタログ

クリエイターズ・ファイル Vol.01 (ヨシモトブックス)

クリエイターズ・ファイル Vol.01 (ヨシモトブックス)

 

制作に携わっている人のほとんどは、黙々と作る行為が好きであまり表に立たない人が多いと思うんだけど、思い浮かぶのは、クリエイターというのは話し方やファションにクセがあって、めんどくさいタイプの人柄だったりします。その職種別カタログのような本。

DVD特典まで見逃せない

写真とキャプションがおもしろい。あと、特典のDVDも逸品。クリエイターって見たらわかる感じするじゃん。無理してるよね。

めんどくささ全開のインタビュー形式

クリエイターって合理的に考えるのが好きなのか、ゼロかイチかで考える傾向が強くて、なぜか楽しくないと意味がないみたいな、考え方をする人も多くて、会社に滑り台を作ったり、屋上でランチをしたりとかキモい感じが出ちゃうんだよね。その乗りで制作現場来ると手間なんですよねー

一周回ってキモくなる

これはスーツを着て定時に通勤する日本社会の反動で、Webとか簡単だし取っ付きやすいからなんだろうけど、その分競争も激しくてなかなか思うように進まなくなって立場的になんか言わなきゃいけなくなっての発言なんだろうなぁというのを感じ取れるんだけど、そっちが答えでもないと思うんですよ。だって、家に滑り台いらないし、屋上でご飯食べないやん。理想は等身大の自分をキープし続けることができることだと思うんですよー

クリエイターズ・ファイル Vol.01 (ヨシモトブックス)

クリエイターズ・ファイル Vol.01 (ヨシモトブックス)

 

ロバート・秋山がさまざまなクリエイターに扮する大人気企画 『クリエイターズ・ファイル』がDVD付きで待望の書籍化!

■「クリエイターズ・ファイル」とは?
「クリエイターズ・ファイル」は、お笑い芸人の秋山竜次(ロバート)がさまざまなクリエイターに扮してインタビューを受ける、フリーペーパー「honto+」の大人気連載。リリースと同時にYouTubeのオフィシャルチャンネルで公開される動画の、個性的なキャラクターたちを見た人々から、「こういう人いる」「クオリティー高すぎ」「秋山天才! 」といった声が続出。動画再生回数はシリーズ累計960万回(2016年8月時点)を超える。