おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

しょっぱい経験してるかどうか『世迷いごと』

世迷いごと (双葉文庫)

世迷いごと (双葉文庫)

 

世迷いごと 』は、マツコ・デラックスがセレクトした女達の本性を解説した本です。女性というのは、本性やら背景がにじみ出てくるようで、それがテレビでいくら演じていたとしても見えてしまうようです。妄想ですがとてもおもしろい。ダーッと読んでしまった。んで、たぶん、その通りなんだろうなって思わせてくれます。

沢尻エリカや今井メロ、谷亮子など、しょっぱい経験のありそうな人たち。本の中では、しょっぱい経験がない人にはできないことがあるということが繰り返して述べられているんだけど、ぼくもなんとなくその感じがわかって「やっていい人・言っていい人」というのはあると思う。それに、八方美人よりも心を貫いている(すこしヤバメの)人のほうが魅力を感じるし読んでいて共感の持てるところは多かった。ぼくもしょっぱい経験しないとダメだなぁ。

読書家というほど本を読むわけじゃないけど、それなりに本を読むのですが、そんな読書好きから言わすと、読書をしたら賢くなれるとか、仕事ができるようになるっていう考え方は気持ち悪くて好きじゃない。

たまたまそうなることはあるけど、基本的には読書は娯楽であって肩の力を抜いて読むのが正しいスタイルだ。せいぜい、英語のエロ本に書いてあることを訳していくとかでいいんですよ。この本は徹底的な娯楽を提供してくれていて読んでいて嬉しくなれる本だった。

続編もあるみたいだから、そちらも読んでみよう。著者プロフィールを読んで知ったんですが、マツコ・デラックスってコラムニストなんですね。話がわかりやすくて説得力があるわけだなぁ。

世迷いごと (双葉文庫)

世迷いごと (双葉文庫)

 
いまやあっちこっちに引っ張りダコの女装コラムニスト、マツコ・デラックス。その真骨頂である「愛のムチ」がこれでもかッ!と炸裂しているのが本書。広末涼子、高岡早紀ら芸能界の美女から女子アナ、果ては谷亮子までマツコが気になるオンナたちの本性を鋭く見抜く。オンナとしての生き方に悩むアナタも、マツコに興味シンシンのアナタにもオススメの一冊。引用元:Amazon商品紹介