おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

Webを通じて歴史を学ぶのおもろい「【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0」

【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中!  歴史Web2.0

【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0

 

【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0」を読みました。歴史が嫌いでパソコンが好きな僕にとって斬新で面白かった。歴史も学べるし、ついでにウェブデザインも学べました。

もし、昔からインターネットがあったら「歴史上の人物は、こんなホームページを作るだろうなぁ」というコンセプトで、邪馬台国のホームページや小野妹子のブログのイメージが描かれています。

しかも、実際の歴史に基づいたコンテンツでウェブデザインをしているので歴史の勉強にもなった。昔と今がいい感じにシンクロしていておもろいし、こうやって自分のモノに落とし込んでくれると覚えやすい。

ウェブデザインをやっていると、架空の会社をイメージしてホームページを作る機会はあったけど、まさか過去の人物や国のホームページをデザインするとは!ウェブに携わっているので、その点から見てもおもしろかった。

趣旨が変わってくるけど、ウェブデザインのギャラリーとしても読める。明治以降はSNSにも対応してる。

【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中!  歴史Web2.0

【悲報】本能寺で何かあったらしい……光秀ブログ炎上中! 歴史Web2.0

 

 日本史を彩る様々な出来事・人物…。事件や政治はどう報じられるのか?時の政権はどのようなホームページを作るのか?戦国武将はどんなことをブログに綴るだろうか?―日本史をまるごとインターネットで再現、激動の歴史が見ているだけですっきり頭に入ってくる、パロディ心いっぱいの「超」歴史書!