おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

不倫のエロさはなんなんやろね。「不倫純愛」

不倫純愛

不倫純愛

 

「禁断の」って言われた日にゃあ、エッチな香りしかしないでしょう。あまりに過激で直接的な表現だと体が拒否反応を示すのですが「不倫純愛」は、僕のような気の小さい人が読んでも楽しい小説でした。

内容としてはタイトルのとおり主人公の男性が不倫をするというもので、お相手は売れっ子作家の美人秘書だっつーじゃないですか。男性はプレイになると急にSになるんだけど、どういう感じでスイッチはいるのかな。

んで、その裏側では、その美人秘書を雇っている売れっ子作家が、主人公の妻に迫っていくという。お互いに「ダメだとわかっているけど止めらんない」っていうカッパえびせん状態ですよ。ダメなものほど興奮するよねぇ。

不倫純愛

不倫純愛

 

「結婚生活が十五年を超え、夫婦の営みを重荷に感じていた編集者・京介。そんな京介をなぜか、売れっ子作家の美人秘書が誘う。背徳と知りつつ、過激な性愛に溺れていく美女と野獣。その関係に気づいた作家は、京介の妻にそっと魔の手を伸ばして――。エロスの果てに待ち受ける罠と地獄。「黒新堂」が描く究極の官能の世界!(Amazon商品紹介