おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

シンプルでいい!「ジュラシック・ワールド」

ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

 

「ジュラシック・ワールド」を見ました。ジュラシックパークシリーズを見るのは初めてなんだけどおもしろかったです。やっぱり、洋画の魅力はスリル満点でド迫力なところだと思うんですよね。

映画「ジュラシック・ワールド」を見ました。あのジュラシックパークシリーズの第四作目です。迫力満点でとても面白かった。洋画の魅力は、なんだかんだでスリル満点でド迫力なところだと思うんですよね。

以前も書いたけど、洋画が苦手(土地や名前を覚えられなくてストーリーがわからなくなる)な僕が見ても面白いです。「ジュラシック・ワールド ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]」は、高級リゾート「ジュラシック・ワールド」で飼育している恐竜が逃げ出して、人間を容赦なく襲ってくる。「やべーぞ!逃げろ」というシンプルなストーリー。

でも、そこは製作の総指揮をとるスピルバーグ。恐いとわかっちゃいるけど見てしまうシーンが満載で飽きさせませんでした。コレどうやって撮影しているんだという仕掛けも満載!

恐竜の謎と優れた特性を体験し、至近距離でふれあうことができる高級リゾート「ジュラシック・ワールド」。このパークのマネージメントに意欲満々の野心家クレアの元へ2人の甥っ子、16歳のザックと11歳のグレイが訪ねてくる。フリーパスを渡された2人は、ジャイロスフィアという360度周りが見渡せるアトラクションに乗って恐竜の間を回っていた。しかしその時、あまりの凶暴さゆえに隔離状態で飼育されていた、禁断の遺伝子組み換え大型恐竜「インドミナス・レックス」が逃亡し、ジャングルの奥深くへと姿を消す。それはパーク内のすべての生き物の命が危険にさらされていることを意味していた…。