読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

ゆるくてかわいい「将棋の渡辺くん」。

将棋の渡辺くん(1) (週刊少年マガジンコミックス)

将棋の渡辺くん(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

将棋の棋士のかたの本には、研ぎ澄まされた思考法などが書かれていておもしろい。でも、この「将棋の渡辺くん(1) (週刊少年マガジンコミックス)」は、超ゆるいエッセイマンガ。渡辺くんというのは、もちろんあの渡辺明棋士ですよ。

んで、漫画を書いているのは奥さんの伊奈めぐみさんってところもすごい。棋士の日常とともに渡辺棋士の普段の生活がゆるく書かれている。ぬいぐるみが好きだったり、将棋以外のことはまったく疎いところが萌えポイントだぞ。

棋士というと、一日中考え事をしていて、なんでも知っていて、厳しい人なのかなとイメージしがちだけど、この漫画にはそんな世界は全くなく、むしろ180°反対の世界が広がっていました。

ちなみに、漫画だけでなく渡辺棋士のブログ、伊奈めぐみさんのブログもおもしろいです。

将棋の渡辺くん(1) (週刊少年マガジンコミックス)

将棋の渡辺くん(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

将棋棋士は人類の代表! 将棋を指して生活している。懸命に勉強し、年に50局くらい戦い、勝てば笑い、負ければ自分のせい。勝ち負けだけに支配された世界。それはまるで人生の縮図だ。棋士は、どんな人たちなんだろう? 何を食べて、何時間寝ているんだろう? 勝負師でも無頼でもない、リアルな将棋棋士の毎日を棋士の妻が漫画にしました。ノンフィクションです!