読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

『けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然』人間と動物の暮らし方を考える

けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然

けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然

 

都会にいるとなかなか猟師という仕事に触れることはないけれど、地方では猟友会という野生鳥獣の保護、狩猟事故・違反防止対策などの活動をする団体が地元の住民の生活を守る仕事として根付いている。僕のルーツである岐阜県養老地方でも、イノシシやシカに農作物を食べられてしまう被害に合うことがあって猟友会のかたに助けを求めたりする。それくらい日常的なことだ。

しかし、猟師の仕事は動物を追っ払ったりするだけではない。文字通り「狩猟が獲って食べること」を主な目的とすることもある。『けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然』は主に自分で食べる食料を得るために狩猟をしている猟師の千松 信也さんが書いた本だ。

食べるにしろ、駆除するにしろ、動物の命を人間の事情で断っているが生きるには必要なことだし、動物だって食料がなければ人間の住む場所へ食料を求めにくるのは自然なことだ。どうすればお互いに生きやすい世界を築けるのか、というテーマが本書の中で垣間見れ、動物と人間の共存の難しさがわかる。

スーパーで肉を買ったりコートなどを買う生活を続けてしまうと、生命の流れが全く見えなくなり自分の行動の善悪や責任を判断できなくなる。本書は自分の行動を考えなおすキッカケになる。ちなみに、タイトルが「けもの道の歩き方」ではあるけれど、登山ガイドではありません。

印象に残ったところ

自然の生体バランスが崩れているのはオオカミ絶滅が原因?

シカやイノシシの増加の要因の一つにオオカミの絶滅が挙げられることがよくあるが、そもそも長い間、僕たちはオオカミどころかシカもいないような森の姿を「本来の自然」だと思って暮らしてきたのではないだろうか。

オオカミを絶滅させた僕たちは、その責任をとる意味でもしっかり猟をする必要がある。オオカミは相手を捕食するだけでなく、常に森の中に存在することで、シカやイノシシの行動に影響を与える。オオカミの縄張りや狙いやすい場所に彼らは近づかないので、山野草が食べつくされることもなく、若木も育ち森林が更新できるという。

イノシシやシカが増加しているようだ。彼らが、自然界の食料を食べ尽くしてしまい、人間の住んでいる世界に食料を求めてやってきている。少しずつ生体のバランスが崩れているのを、オオカミの絶滅説とするのは興味深い。しかし、本来草食系の彼らは食べられないように気を張って生きるのが自然の姿とするなら、オオカミがいなけりゃ、やりたい放題かもしれないなぁ。

終わりに

動物と人間が共に楽しく生きる難しさを考えさせられた。猟師はパートタイムなオオカミ役を担っていると書かれていたけど、その猟師の数も減ってきているそうだ。とはいえ、猟師を仕事としてバーっと受け入れてしまうと、今度は金儲けを考えて捕獲しすぎてしまう可能性もでてきてしまい、なかなかデリケートな問題なのかもしれない。

けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然

けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然

 

現代社会の隙間を縫うように暮らす。獲って、さばいて、食べる。「生活者としての猟師」が今、求められている。野生動物たちと日々行き交い、これからの自然を思う、20のエッセイ。(引用元:Amazon商品紹介