おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

意外と知らないコーヒーの味『コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか』

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書)

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書)

 

一日の始まりはコーヒーからというスタイルがなんだかんだで10年近くになります。朝起きてコーヒーを飲みながら頭の冴えている間に、少し難しめの本を読んだり、こうやって文章を書いたりしながら頭を使ってあげるのが心地よい。言い換えれば、それらの作業はこのタイミングにしかできない。時間にすると5時間くらいで、午前中まるまるって感じだ。

そんな感じで毎日のようにコーヒーを飲むわけですが、意外と味については無頓着だったりする。最近ではコンビニでもコーヒーが買えるようになった。しかも、値段は100円ときている。安すぎると逆に不安になるのが人間だもの。果たして、このコーヒーは美味しいのだろうか。

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書)」には、コンビニコーヒーの味に触れながら、今まで何気なく飲んでいたコーヒー(特に高いと言われているレストランやホテルのコーヒー)は本当に値段の価値のある味なのか、というところまで掘り下げてコーヒーの味について書かれている。著者は、僕はコーヒーが飲めないというマンガの監修を務めており、コーヒーハンターという仕事をしている。コンビニコーヒーだけでなく、コーヒーの全体的な基礎知識が身につくので勉強になる本だ。

印象に残ったところ

コンビニコーヒーはコスパがいい

正直なところ、コンビニのコーヒーはものすごくおいしいコーヒーではありません。でも、100円の価値はあります。いや、他で出されているコーヒーと比べれば100円以上の価値があると言ってもいいでしょう。

コンビニコーヒーの原価率は会社によって若干の違いはありますが、およそ、12〜13%というところでしょう。1杯100円のコーヒーに12〜13円の原価を掛けている計算になります。他方、カフェやレストランの原価率は平均2〜3%以下。1杯500円であれば原価は10円〜15円です。ということは、販売価格は5倍でも、原価はほぼ同じです。原価がほぼ同じであれば、消費者にとってコンビニのコーヒーを購入したほうがずっとコストパフォーマンスが良いということになります。

まず、コンビニコーヒーには100円の価値があるというのは揺るぎないようだ。その上でカフェやレストランのコーヒーについて考えていくと、ここに書かれているとおりであれば、飲む価値がほぼなさそうだ。まぁ、コンビニコーヒーは機械が抽出するし、広々としたイートインスペースもないので人件費や土地代を考えるとコスパにはコンビニに軍配が上がるのは仕方がないかもしれないけれど。しかし、それを鑑みてもレストランやホテルのコーヒーは味に対して割高なんだそうだ。

ただ、問題は価格だけじゃなく味もコンビニが上ということだ。では、味の差はどうして生まれるのだろうか。その辺のことも書かれている

コンビニコーヒーは抽出したてだからうまい

コンビニ各社の抽出方法はそれぞれ異なります。大手3社では、セブン-イレブンがドリップ方式、ローソンとファミリーマートがエスプレッソ方式で抽出しています。そして、セブン-イレブンは、これまではレギュラーコーヒーのホットとアイスに絞って販売していました。

抽出方法の違いはありますが、店頭で1杯ずつ抽出した淹れたてコーヒーを購入できることは消費者にとってはとても魅力的です。

レストランでサービスになっていることの多い食後のコーヒーは、事前に抽出したものであることが多い。それだとどうしても味が劣化してしまうらしい。加えて、豆の選定にもそんなに力を入れていないみたいで、あまり状態の良くない豆を使ってしまうこともあるようだ。確かに、料理はうまいけど食後のコーヒーはあまりおいしくない(僕の場合、苦くて料理の味が消えてしまう感じのするコーヒーのこと)って店は多い気がする。一方、ボタンを押してからコンビニは豆を引く工程がスタートするので、それだけでも差が明らかだ。しかも、専門家が監修してドリップ方法や豆にもこだわっている。要は普通に努力の差があるわけだ。

終わりに

大手コンビコーヒーのコーヒーは美味しい。それと比較するとホテルやレストランのコーヒーは美味しくない、というのがこの本でわかったこと。確かに、レストランには焦げた感じの苦味が強い店が多い。ただでコーヒーが飲めるところでおいしいコーヒーを見つけるのは難しいということなんだろう。そんな中、JALは乗客者においしいコーヒーを提供するために、著者に参画してもらったそうなので飛行機でおいしいコーヒーを飲みたいたならJALに乗ると良い。

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書)

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか (ポプラ新書)

 

コンビニコーヒーと高級ホテルのコーヒーでは、なぜ約10倍もの価格差が生まれるのか。そこに日本のコーヒー業界が長年抱える大きな課題があった。コーヒーを取り巻く世界の状況から日本独特の「コーヒー進化」、そしてコーヒーの美味しい淹れ方まで、その魅力のすべてを一冊に。