おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

「レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック」を読みました。

レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL)

レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL)

 

2015年4月21日にGoogleのアルゴリズムが変更される予定のようだ。キーワードは「モバイルフレンドリー」。スマホ対応してるかどうかが、検索結果に大きく影響するよっていうことなんだろう。当然、スマホ未対応のサイトは評価が低くなるんだろうね。

毎日のようにパソコンを使う僕でも、スマホでネットを閲覧するケースも少なくない。特に外出先で調べ物をしていて、開いたページがパソコン用のデザインで文字が小さかったらストレスを受けるのは否めない。

パソコンでもスマホでもストレスなく閲覧できるようなデザインのことをレスポンシブウェブデザインという。無料ブログとかを使っていれば問題ないけど(サービスを提供してくれている方が対処してくれるから)、独立してホームページを作りたいときは習得しておいたほうが良い技術だ。

スマートフォンの画面のデザインを最初に考えて、パソコンはその画面を引き伸ばす程度のシンプルなデザインで考えるのがコツだ。裏を返せば、そんなに難しいことをしなくても良いとも言えて嬉しい。「レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL)」に書かれているデザインもそんなに難しいものではなくて僕でもなんとかなっている。

ちなみに、自分のサイトがモバイルフレンドリーかどうかは、「Webmaster's Mobile Guide」で簡単に調べられる。メモメモ。

レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL)

レスポンシブWebデザイン マルチデバイス時代のコンセプトとテクニック (WEB PROFESSIONAL)

 

本物のレスポンシブWebデザインを本気で学びたい人に。基礎から実践まで1冊にまとめました。イーサン・マルコッテ氏が提唱するRWDの3大要素「メディアクエリー/フルードイメージ/フルードグリッド」をていねいに解説。レスポンシブタイプセッティング、レスポンシブテーブルなど現場のノウハウが満載。RWDに欠かせないパフォーマンス改善のアイデアとテクニックも多数掲載。