おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

「アゲイン!!」を読みました。

アゲイン!!(1)

アゲイン!!(1)

 

「モテキ」の久保ミツロウさんのマンガ。高校の卒業式に階段から落ちて、入学式の日にタイムスリップするという話。主人公の今村(男子)は、当時の応援団長(女子)に恋をするのだけど、3年間思いを告げられずじまいだったので「せっかくタイムスリップしたんだから生まれ変わってやるぜ」っていう話。井上陽水でいう「人生が二度あれば」というやつです。

ところがどっこい、今村はいい感じに童貞をこじらせていてリア充に対する恨み妬み嫉み&自分に対する屈折がスゴかった。流行りのルサンチマンってやつだなぁ。何をやっても裏目に出ちゃう。まぁ、高校時代って全てが上手くいかないお年頃っていうじゃない。僕も裏目を出すのが得意だ。

アゲイン!!」は、そんな自分と照らしあわせて読めるマンガだった。ただ、個人的には高校時代に戻っても同じ失敗を繰り返す自信があるね。「愛してるの響きだけで強くなれる気がしたよ」っていうだけあって、気がする止まりなのよ。

アゲイン!!(1)

アゲイン!!(1)

 
『モテキ』の久保ミツロウが描く、高校生活タイムスリップストーリー! ――高校生活3年間、友達も思い出も作らず卒業式を迎えた今村金一郎(いまむら・きんいちろう)。だが同級生の女子・暁(あきら)と階段から転げ落ち、気づいたら3年前の入学式の日へタイムスリップしていた! 憧れていた女団長・宇佐美(うさみ)と再び出逢った金一郎は、応援団に入団し、宇佐美が独りで頑張る応援団の立て直しを目指す!!