おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

「文系女子だけど新卒でSEやってます 女の子のお仕事応援コミックエッセイ」を読みました。

文系女子だけど新卒でSEやってます 女の子のお仕事応援コミックエッセイ

文系女子だけど新卒でSEやってます 女の子のお仕事応援コミックエッセイ

 

僕は前職がSEだった。やりきったという思いも強く、全く未練はない。だけど、プログラミングは好きだし、今でもカタカタしたいし(してるし)、一生懸命頑張ったのは事実だから、ついついSE関連の本を手にとってしまうことも少なくない。

文系女子だけど新卒でSEやってます 女の子のお仕事応援コミックエッセイ」は、タイトルの通り文系出身の女性が実際にSEとして働いた現場での出来事をコミックエッセイにしたものだった。最近は文系女子がSEになるのも珍しくないけど、多くても新入社員全体の1割くらいかなぁ。

プロジェクト炎上・完成間近の仕様変更など、もはや定番のあるあるが書かれています。コレ読んでもSEになりたいって人いるんかな☆ただ、著者の方は色んなコトを任せてもらってるみたいでデキルSEなんだと思う。この本に書かれている内容は入社何年分のことかは不明だけど。何はともあれ、こんだけバリエーションに富んだ仕事に携われるなら、きっとやりがいもあるだろうな、と思った。そういや、ずっと同じことしてる人もイッパイいるからなぁ。しみじみ。

最後にひとつ個人的にいつも思ってることがある。プログラミングに文系・理系は関係ないってこと。プログラミングを組んでみたらわかる話だけど。というか、コレ普通に理科ではないだろって思ったり。言語っていうくらいだから文系の方が近いかもだ。 

文系女子だけど新卒でSEやってます 女の子のお仕事応援コミックエッセイ

文系女子だけど新卒でSEやってます 女の子のお仕事応援コミックエッセイ

 

炎上、徹夜、残業×残業×残業…軽い気持ちでSEになったら、聞きしに勝る戦場だった! だけど愉快な理系男子と働くのは、なんだかちょっと楽しい!? IT戦士とすべての新人さんに贈るお仕事応援コミックエッセイ♪