読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

「人生って、大人になってからがやたら長い」を読みました。

人生って、大人になってからがやたら長い

人生って、大人になってからがやたら長い

 

大人になると生きがいや楽しみを自分で見つけないといけない。同じような生活が続いたり、張り合いや新しい発見がない日が続くと「あれ?このままでいいのかな??」なんて思っちゃうわけです。僕も8年ほど同じ会社で務めてきてチョット余裕ができたときにふと思ったりした。嫌な部分も見えてくるしね。

人生って、大人になってからがやたら長い」は、フリーのライター&イラストレーターのきたみりゅうじさんのコミックエッセイ。題名の通り、大人が歩む人生の苦労や喜びをマンガで描いています。IT系の会社に入社して「人生、このままでいいのかな?」って悩みフリーランスになるエピソードなど、共感できる部分が多くて読み耽ってしまった。

ITに携わっていなくても、読み終わったら色々と思うところが出てくる作品です。たった一度の人生、自分の好きなように生きるのがイチバンだよなぁっていう根幹の大切な部分を思い出させてくれました。 

人生って、大人になってからがやたら長い

人生って、大人になってからがやたら長い

 

大人になってからの人生って、実は結構イベントが多い。結婚したり、子どもが生まれたり、家族のために生命保険に入ったり、マイホームを購入したり。一方で、仕事に行き詰まったり、体力の衰えを痛感したり、親の老後に備えてみたり。大変なことばかりだけど、そのぶん、大人だからこそ味わえる充実と感慨がある――。果てしなく長いように思える「大人になってからの人生」の苦労と喜びを、時にユーモラスに、時にセンチメンタルに描くコミックエッセイ。