おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

ウェブ配色 決める! チカラ - 問題を解決する色彩とコミュニケーション

ウェブ配色 決める! チカラ - 問題を解決する色彩とコミュニケーション

ウェブ配色 決める! チカラ - 問題を解決する色彩とコミュニケーション

 

僕がWeb系の開発を始めた時は、HTMLの文法やAdobe製品の操作方法など、IT系の知識がモノを言うと考えていた。だけど実践を積むにつれ、それらは意外と簡単に習得できることで、むしろ重要なのは、絵心やデザイン力であることを痛感した。

デザイン力は才能やセンスで決まると思われがち。でも、そんなことはなくて適切な論理や技法があったりする。ただ、書店をぶらつく感じでは意外と初心者向けの本が売られていないっぽい。

そんなときに出会った「ウェブ配色 決める! チカラ - 問題を解決する色彩とコミュニケーション」は、色に関するノウハウがたくさん詰まった勉強になる本だ。僕のような美術苦手人間が読んでもよくわかる。

色が与えるイメージや配色のバランス、文字の読みやすさなどが書かれている。モノを作るなら、自分がなぜその色やレイアウトを選択したのかを論理的に説明できないとダメだなって感じさせてくれる1冊。顧客との仕様調整、上司への説明などにも役立ちそうだ。

ウェブ配色 決める! チカラ - 問題を解決する色彩とコミュニケーション

ウェブ配色 決める! チカラ - 問題を解決する色彩とコミュニケーション

 

「配色に関する問題の大半はコミュニケーションにある! 」という著者のメッセージに込められた、ウェブ配色の“決断力"にフォーカスした内容の書籍です。

これまでの理論書やコーディネートサンプル集では、結局「この色に決める」ための思考やコミュニケーションは読者の実践に委ねられてきました。そして、配色はともすればセンスの問題に矮小化されることで、制作者と発注者のコミュニケーションを難しいものにしています。この書籍は、「センスに頼らない“ウェブ配色の決め方"」について、豊富な著者の知識や経験を元に、困っことや知りたいことからの逆引きの形で利用していただける内容となっています。(引用元:Amazon商品紹介)

 

他にもこんなブログ書いてます。

おすすめショップ

ひでひろのおすすめショップ