おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

ボクらの時代 ロングヘアーという生き方

ボクらの時代 ロングヘアーという生き方

ボクらの時代 ロングヘアーという生き方

 

対談形式のテレビ番組や本が好きで、よく見たり読んだりする。「ロングヘアーという生き方」は、「ボクらの時代」という番組で放送された、みうらじゅん高見沢俊彦リリー・フランキーの対談に加筆、訂正、削除を行った形式の本。この三人の話ってテレビ向きじゃないよなぁ、と思うんだけど、やっぱりテレビではカットされた話は多かったみたい。

話の内容は、ロックやゴジラ、仏像の話。あと定番のDTの話。マニアックな話題も多くて、ファンからすれば「またか」っていう感じで楽しく読めた。とは言え、3人の話を読めば仏像に興味が湧くわけでもないんだけど。ただ、この3人の考え方や着眼点がおもしろいから読ませる。

年を重ねても楽しく話せるネタがあるのは大切で、それには何かに没頭するという経験が必要な気がした。没頭するから話のネタができるわけで。こういう年の重ね方をしたい。

ボクらの時代 ロングヘアーという生き方

ボクらの時代 ロングヘアーという生き方

 

こんな大人が、日本には3人もいる。
“ほどほど”じゃない生き方のすすめ

フジテレビ系で好評放送中『ボクらの時代』からうまれた、
人気シリーズ企画の第5弾が登場!
みうらじゅん高見沢俊彦リリー・フランキーが語りつくした120分を完全収録!
3人が語るのは、ロック、モテ、仏像、怪獣、そして下ネタ…。
脱力系人生論が一冊に。(引用元:Amazon商品紹介)

他にもこんなブログ書いてます。

おすすめショップ

ひでひろのおすすめショップ