読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

ジャッジ

ジャッジ!  Blu-ray

ジャッジ! Blu-ray

 

最近、DMMレンタルを始めた。自宅にDVDが郵送されるのはすごく便利だ。引っ越すときの条件に近くにレンタルビデオ屋があることを条件にしていたけど、もうその条件は必要ないな。

ジャッジ! [DVD]」は、広告代理店で働く熱血的なクリエイターの話。主人公の大田は、情熱はあるんだけど、仕事はイマイチ。そんな彼が、世界広告祭で自分の会社のCM(超ダサい)をプレゼンしなければいけなくなったっていう話。

しかも、広告祭では談合のような根回し連発でかなり怪しい雰囲気。でも、正直者の大田には不正なんてできるわけもなく、場が乱れていくという。。。

久しぶりに面白かったコメディーだなぁ。リリーさん、荒川良々さんなど僕の好きな俳優さんがキャストされていたのも良かった。

ジャッジ!  Blu-ray

ジャッジ! Blu-ray

 

 広告代理店・現通で働く太田喜一郎(妻夫木聡)は、情熱は人一倍、でも腕はイマイチという落ちこぼれクリエイター。
お人好しな性格が災いし、いつも身勝手な上司・大滝一郎(豊川悦司)の尻ぬぐいをさせられてばかり。ある日、太田は大滝から、サンタモニカ広告祭の審査員役を押し付けられる。
毎夜開かれるパーティーにパートナーの同伴が必要と知った太田に頼まれ、仕事はできるが、ギャンブル好きの同僚・大田ひかり(北川景子)もイヤイヤながら“偽の奧さん"役として広告祭に同行することになった。
大滝の指示で、窓際社員の鏡さん(リリー・フランキー)のもと審査員としての怪しげな特訓を受ける太田。
しかし、教わったのは英語のフレーズをいくつかと、“ペン回し"のやり方、大量のオタクグッズだけだった・・・
華やかに審査会が開幕する中、太田は「ちくわのCMを入賞させられなければ会社をクビ! 」という驚愕の事実を言い渡される。
それは、クライアント都合で勝手に作られた「つまらなくて死ぬかと思った」と酷評された代物だった。
クセ者揃いの審査員たちが、自作の得点を少しでも上げようと躍起になって駆け引きを繰り広げる中、日本から来たライバル代理店のエリート社員・木沢はるか(鈴木京香)も参戦。
太田はこの審査会を乗り切ることができるのか! ? 人生最大の審査(ジャッジ)が始まる!(引用元:Amazon商品紹介)

他にもこんなブログ書いてます。

おすすめショップ

ひでひろのおすすめショップ