おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

独走

独走

独走

 

僕はエッセイを読むのが好きだ。エッセイを読むと、その人の考え方がよくわかって楽しいし、ノウハウ本以上に参考になることも多い。最近は、女性の著者のエッセイを読むのが好き。男性のエッセイは仕事を通じた内容になりがちだけど、仕事論はあんまり興味ないんだよな。

ただ、「独走」は、タイタンの社長太田光代さんの本なんだけど、冒頭に「女だてらに」とあるように、酒好きで仕事バリバリな方なんだよね。それでもやっぱり、仕事の話は半分もなくて、日常の話や旦那さんの話だったりする。

印象的だったのは、旦那さんの父が亡くなったときに納骨する墓がなくてチョット慌てたってエピソード。墓問題は僕の家族でも話題に上がる話で親近感があった。我が家は誰も住んでいない岐阜県にあって放置気味。ただ、この本によると東京都内で墓をゲットしようとすると十数倍の抽選に通らないとダメらしい。

あと、怖い夢を見たら旦那さんを起こすエピソードも面白い。当事者になったら、かなりめんどくさいけど。他にも多ジャンルのエピソードが満載で面白かった。 

独走

独走

 

常に全力! 太田光代社長のパワフルで激動な日々
社長業、大好きなお酒、不妊治療、親の介護…共感を呼ぶ最新エッセイ集
太田光さん(爆笑問題)によるあとがき、
中野聡子さん(日本エレキテル連合)の挿絵を収録。(引用元:Amazon商品紹介)

他にもこんなブログ書いてます。

おすすめショップ

ひでひろのおすすめショップ