おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

僕はコーヒーがのめない

僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)

僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)

 

子どもの頃は全く飲めなかったコーヒーだけど、大人になったら毎日飲むようになった。むしろ、コーヒーを飲まないとチョット調子が上がらなかったりする。更に、コーヒー博物館に行くようにもなったから、人生どうなるかわからない(UCCコーヒー博物館でコーヒーについて学んできました。 - ひとりでも楽しめる旅日記)。

何気なく手にした「僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)」は、タイトルの雰囲気からゆるめのマンガのノリで読んだら、かなりガチにコーヒーについて描かれたマンガで驚いた。タイトルの意味も思っていたのと違ってた。調べてみると監修の川島 良彰さんは有名なコーヒーハンターのようだ。

今、コーヒー界にはサードウェーブ(第3の波)というブームがきているようで、これは「豆の産地や農園を重視し、豆に合わせた焙煎をするなど、豆の個性を大切にした高品質なスペシャルティコーヒーを追求する」ってことらしい。

このマンガは、そのスペシャルティコーヒーの商品を開発してやろうじゃねーのって奮闘する飲料メーカーのプロジェクトの話。強気なリーダーと知識豊富な後輩とのコンビネーションが良い。

コーヒーのブランドやスタバの戦略、カフェオレとカフェラテの違いを知ることができた。毎日飲むにも関わらず、コーヒーに対して無知だったなぁ。でも、コーヒーの実は赤いことは知っていたよ。随所に出てくるコーヒーのコラムが勉強になる。続きが楽しみだ。

僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)

僕はコーヒーがのめない 1 (ビッグコミックス)

 

コーヒーが飲めないという飲料会社の若手営業の花山。そして、花山の上司の加賀谷。二人が中心となってサードウェーブコーヒーのプロジェクトが始動します。しかし、花山には同僚にも言ってない秘密があったのです…
最高級のコーヒーは「赤いダイヤ」とさえ呼ばれ、100g1万円を超える極上のコーヒーすら存在します。
社内、社外のライバルや、よき仲間と出会いながら、コーヒーをめぐる珠玉のグルメ&サクセスストーリーが幕を開けます(引用元:小学館

他にもこんなブログ書いてます。

おすすめショップ

ひでひろのおすすめショップ