おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

女体の森

女体の森

女体の森

 

割と三日坊主なボクは、黙々と自分の好きなことに打ち込める人に憧れる。特に、端から見ればくだらないと思えるようなことに打ち込んでいる人ほど魅力的に見える。

女体の森」は、みうらじゅんさんとリリー・フランキーさんがグラビアアイドルの写真を見ながら、延々と妄想を語り合うという本。だけど、かなりボリュームがある。みうらじゅんさんは、長年にわたり好きなグラビアをスクラップして保存しているらしい。グラビアだけで、あんなに妄想を膨らませられるのはスゴイ。

会話の内容はくだらない者が多いんだけど、時々、妙に納得させられる言葉が出てくるのが読ませる。2人の会話は、本当に楽しそうで好きを仕事にすると人生はこんなにも楽しくなるのかって思ったりしてしまった。

みうらじゅんさんとリリー・フランキーさんの本は好きで、よく読むのでまたの機会に感想を書こう。ただ、感想は「おもしろかった」っていう以外に書くことはないんだよなぁ(笑)

女体の森

女体の森

 

 粋人たちが途方もない時間を費やし、のべ300人以上の「グラドル」とよばれる女性たちについて、時にそのパーツの造形美を、時にその女性が喚起させる妄想を語りつくした世界最高水準の知的エロトーク集、遂に完成!(引用元:Amazon商品紹介)

他にもこんなブログ書いてます。

おすすめショップ

ひでひろのおすすめショップ