読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門

ボクの前職はSEでした。SEはシステムエンジニアの頭文字なんだけど、仕事内容が曖昧で説明するのも難しいあまり好きじゃない言葉。ボクは主にプログラミングを担当していたけど、ネットワーク関連や最近ではコンサルをする人もいる。そして、何もしてない人もたくさんいます。大企業になると、意外と何もしてない人がイチバン多いように思われ…まぁいいや。

数年間も働いていると他の職場が気になってくるもの。とは言え、「チョット転職してみた」なんてことはできないので、なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)を読んで他の職場の雰囲気を把握しようと思った次第です。

なれるSE!は、社員数の少ないブラックチックな会社に就職しちゃった新入社員の男子を主人公とするラノベ。配属早々に厳しい上司(カワイイ女の子!)の下で全く未経験のルーターの設定をさせられたりする。職場の同僚が、オフィスでぶっ倒れてたり、世間様のSE像を見事に反映させています。徹夜&休日返上で仕事を完成させた達成感なども少し書かれています(笑)。SEに必要なのは業務知識でもITスキルでもなく、根性と体力だけだ。がんばろう。

他の部署との軋轢や取引先とのケンカの様子も書かれていて「なんだ、みんなイッショじゃねーか(笑)」ってニヤニヤしながら読んでしまった。だけど、この作品のようにカワイイ子が近くにいるならボクはがんばるけどね。だけど、女性は少なくてオッサンばかりなのが現実だったりする。そして、自分のチカラではどーしようもないことも多い。

かなり地獄なような日常が書かれているし、思い当たる節が満載だから愚痴のような感想になったけど、プログラミングは大好きということだけは最後に慌てて付け加えておきたい。

平凡な社会人一年生、桜坂工兵は過酷な就職活動を経て、とあるシステム開発会社に就職する。そんな彼の教育係についた室見立華は、どう見ても十代にしか見えないスーパーワーカホリック娘で!? 多忙かつまったく優しくない彼女のもと、時に厳しく指導され、時に放置プレイされながら奮闘する工兵。さらには、現場を無視して仕事を取ってくる社長のおかげで、いきなり仕事を担当させられることになり!? SEの過酷な実態を萌えかつコミカルに描くスラップスティック・ストーリー登場!(引用元:Amazon商品紹介)