おもしろかった本。たまに映画。

本を読んで感じたことを書くブログです。

もたない男

もたない男

もたない男

 

今でこそ、モノを持たなくなったボクだけど、かつてはモノをイッパイ所有していた方だと思う。マンガは全巻揃えて棚に置き、タンスの奥には着ない洋服がたくさんあった。

当時は、少し「断捨離」が流行り始めていて「モノをもたないとゆったり過ごせる。」、「モノをもたないとアイデアが沸く」など言われてたけど、眉唾なこともあって「捨てるに至るには少しパンチがないなぁ」と思っていたときに出会った本がもたない男

著者の中崎タツヤさんは、モノを持たない漫画家として有名みたいで本の最初は仕事現場の写真が掲載されている。ここで早くも衝撃を受けてしまった。全くモノがないのだ。空き家と変わらない。

この本には、モノを捨てるメリットやノウハウは書かれていない。曰く、モノがあると気持ちが悪いから捨てるだけ。「本は全部読んだら捨てるのではなく、読み終わったページをちぎって捨てながら読む」、「ボールペンも使い切ったら捨てるのではなく、インクが減った分だけ削って捨てながら書く」といったストイックぶり。でも、最近話題の「テレビなしの暮らし」ではなく、テレビは持っているらしいです。

すっかり魅了されたボクは即日でモノを捨て始めた。確かにモノがないと「ゆったり過ごせるし、アイデアが沸きやすくなる」と思う節がある。なにより、経済的になったのが良かった。

もたない男

もたない男

 

人気漫画『じみへん』の作者はなぜ、なんでも捨ててしまうのか?捨てずにはいられない、超『断捨離』の世界。(引用元:Amazon商品紹介)